お知らせ
お知らせ
作成日:2018/11/01
今川義元の「むごい教育」を知っていますか



戦国時代、駿河国(今の静岡県)の今川義元は竹千代(後の徳川家康)を人質にとりました。
義元は家来に対し、「竹千代には、むごい教育をせよ。」と命じたのです。
義元の考えを知らない家来は、竹千代に粗末な食事を与え、ほとんど休みなしで
武術を教え込む生活をさせたのです。これを聞いた義元は大変怒り、このように言ったのです。

「人質の竹千代には朝から晩まで、海の幸や山の幸あふれる贅沢なご馳走を好きなだけ与えてやれ。
寝たいと言ったらいつでもいくらでも寝かせてやれ。夏は暑くないように
冬は寒くないようにしてやれ。学問が嫌だと言うならやらせるな。何でも好き勝手にさせたらよい。」

最後に今川義元はこう言ったのです。
 

「そのようにすれば、たいていの人間はだめになるから。」

この話を読んで、今川義元に対する私の評価が間違っていたと思いました。私が知っている今川義元は織田信長に圧倒的な軍勢だったが、桶狭間の戦いで油断して急襲され敗北したという無能の大名という認識でした。

我が家も甘やかしているので、心配になりました。

お問合せ
大野公認会計士事務所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2-19-25
MS桜通8階
TEL:052-203-5368 
FAX:052-203-5369