お知らせ
お知らせ
作成日:2017/06/01
事務所ニュース復刻版3 〜記録することの大切さ



 今月は過去に配布したニュースの中からピックアップしました。

 

201011月号。7年ほど前のものですが、現在でも変わることなく実践しています。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 仕事は、やるべきことを確実に漏れのないようにしなければなりません。

 

  その為には、紙にやるべきことを書き出しTO DO LIST)、一つずつやり終えてその都度消し込むという作業を踏むと、漏れもなくとてもよいのではないでしょうか。

 

『記憶よりも記録』とは、当事務所で皆にいつも言っている言葉です。

 

 普段、頭に浮かぶアイデアや言葉をそのままにしておいたのでは、忘れがちになってしまうので、私はすぐその場で手帳に書き留めます。地下鉄でも、路上でも、どこでもメモを取ります。忘れた事をまた思い出すこともありますが、それっきり出て来ない時は、とても居心地の悪い気分になります。

 また、雑誌や本を読んだときには、心に残る一節を書き留めます

 

人は、他人からの一言で、人生の舵取りを劇的に変えることができる

 

 

最近、ある経営者の体験談を読んで、書き留めた言葉です。

 「なるほど、こういうことは自分にもあったなあ」と、少々懐かしさを感じました。

 辛いことや、困ったことが重なった時、どうしても視野が狭くなります。

 そういう時に目を開かせてくれるのは、他人の一言かもしれません。

 

お問合せ
大野公認会計士事務所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2-19-25
MS桜通8階
TEL:052-203-5368 
FAX:052-203-5369