お知らせ
お知らせ
作成日:2017/03/01
娘が成人しました



  2月の初旬、今月に長女の誕生日があるが、何か記念になるものを贈ろうと思いました。自分のことを振り返ると、成人したときは父親から印鑑の3本セットをもらいました。実印、銀行印、認めの3種類が入っているものです。父親が何の関係か頼んでいた印鑑店があって、そこで作ってもらった印鑑がとても押しやすく気に入っています。長女にも...しかし、考えました。女だし、結婚してもらいたいので、姓が変わるかもしれないので、名前の実印だけにしました。

 どこに頼もうか、やはり親に作ってもらったところに頼みたいと思い、弟に聞くと、数年前そこを尋ねて行ったら、もう廃業していたとの事。確かに、40年も経っていますから。

  通常、子供のことは家内と相談しますが、これだけは自分だけで決めようと、ネットで調べて、決めたその印鑑店で注文しました。
 誕生日当日、一宮市内のイタリアンを予約し、タクシーで3人で向かいました。

  店に着くと、早速出来たばかりの実印を娘にあげました。娘は珍しそうに印鑑を見ていました。家内が「私に相談なしに」と言いましたが、喜んでいるようでした。

 3人でワインで乾杯し、20年前のその日は寒かったことや、病院に行ったことなど話しました。

  いろいろ人に聞くと、成人の記念には印鑑の他、時計をもらったり、背広を作ってもらった、など聞きます。

  実印をどれだけ使うかというと、ほとんど使わないと思います。私が死んだときに遺産分割協議書に押すぐらいだなと思いました。

娘が成人しました

 

 

 

お問合せ
大野公認会計士事務所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2-19-25
MS桜通8階
TEL:052-203-5368 
FAX:052-203-5369